最近寝付けないあなたに贈る!安眠対策に有効な瞑想法 5選

安眠対策に有効な瞑想方法を紹介します。

 スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツなど、世界の名だたるIT起業家が実践していたことでも知られています。最近では瞑想に関する本も多く出版されるようになり、一般の人にも広まってきました。

 瞑想は神経を休ませることで脳をリラックスさせ、日々の不安やストレスを軽減させる効果が見込めます。忙しい毎日で、寝る直前も緊張やドキドキが止まらない人に特におすすめの方法です。

 瞑想の方法は色々ありますが、今回は5つ

 

1.呼吸による瞑想

 呼吸に意識を向け、思考をストップ。姿勢や時間は自分のスタイルに合わせて下さい。

 寝る前であれば布団の上に仰向けになって瞑想をすれば、知らず知らずのうちに眠りにつけているかもしれません。

 リクライニングできるソファやチェアであれば、そのまま横たわって瞑想すれば知らず知らずにあなたを瞑想の世界に案内しているかもしれません。

 

1.マインドフルネス瞑想呼吸法
 アリゾナ大学のアンドリュー・ウェイル教授が考案した方法で、マインドフルネス呼吸法です。

下記の3ステップを1サイクル

  • 口を閉じて、4つ数えながら鼻だけで息を吸い込む
  • 7つ数えながら息を止める
  • 8つ数えながら息をゆっくりと吐き切る

として3回繰り返します。

 最初のうちは呼吸に集中できなかったり、呼吸が苦しくなったりしてしまうこともあるかもしれません。

また、繰り返し続けていくと自然に呼吸ができるようになり、あなたは段々と自由になっていきます。

 

慣れないことをするときはみんな慣れません。

 

慣れるタイミングや時間はあなたが決めて良いのです。

 

この方法が合わなかったら、別の方法をやってみれば良いのです。

 

2.重力を感じる瞑想

 私たちは重力に支配されています。

その重力を逆手にとって使う方法がこの瞑想法です。

下記の3ステップを1サイクルやってみて下さい。

 

 

 ・目をつぶります。椅子やベットどこでも構いません。

 ・「左手が段々重くなっていく」とイメージし、深呼吸するたびに重くなるイメージを10回以上してください。

 ・次に右手が重くなっていくと同じことを10回以上繰り返してください。

 ・足、おなか、頭などで同じことをしてみて下さい。

 

 最初のうちは呼吸に集中できなかったり、呼吸が苦しくなったりしてしまうこともあるかもしれません。

また、繰り返し続けていくと自然に呼吸ができるようになり、あなたは段々と自由になっていきます。

 

慣れないことをするときはみんな慣れません。

 

慣れるタイミングや時間はあなたが決めて良いのです。

 

この方法が合わなかったら、別の方法をやってみれば良いのです。

 

 

3.体温を感じる瞑想

 私たちは体温に支配されています。

その体温を逆手にとって使う方法がこの瞑想法です。

下記の3ステップを1サイクルやってみて下さい。

 

 ・目をつぶります。椅子やベットどこでも構いません。

 ・「左手が段々温かくなっていく」とイメージし、深呼吸するたびに温かくなるイメージを10回以上してください。

 ・次に右手が温かくなっていくと同じことを10回以上繰り返してください。

 ・足、おなか、頭などで同じことをしてみて下さい。

 

 最初のうちは呼吸に集中できなかったり、呼吸が苦しくなったりしてしまうこともあるかもしれません。

また、繰り返し続けていくと自然に呼吸ができるようになり、あなたは段々と自由になっていきます。

 

慣れないことをするときはみんな慣れません。

 

慣れるタイミングや時間はあなたが決めて良いのです。

 

この方法が合わなかったら、別の方法をやってみれば良いのです。

 

 

4.呼吸がおいしくを感じる瞑想

 私たちは呼吸に支配されています。

その呼吸を逆手にとって使う方法がこの瞑想法です。(同じような文体ですみません)

下記の3ステップを1サイクルやってみて下さい。

 ・目をつぶります。椅子やベットどこでも構いません。

 ・「肺においしい空気が入ってくること」をイメージし、深呼吸するたびにおいしい食べ物飲み物などが入るイメージを10回以上してください。

 ・次に鼻呼吸を切り替えて同じことを10回以上繰り返してください。

 ・吸うたびに、おいしい空気が入ることで手が段々温かく気持ちよくなるイメージをしてください

 ・足、おなか、頭などで同じことをしてみて下さい。

 最初のうちは呼吸に集中できなかったり、呼吸が苦しくなったりしてしまうこともあるかもしれません。

また、繰り返し続けていくと自然に呼吸ができるようになり、あなたは段々と自由になっていきます。

 

慣れないことをするときはみんな慣れません。

 

慣れるタイミングや時間はあなたが決めて良いのです。

 

この方法が合わなかったら、別の方法をやってみれば良いのです。

 

5.温泉に入った後をイメージする瞑想

 私たちは呼吸に支配されています。

その呼吸を逆手にとって使う方法がこの瞑想法です。(同じような文体ですみません)

下記の3ステップを1サイクルやってみて下さい。

 ・目をつぶります。椅子やベットどこでも構いません。

 ・「温泉に入っている」をイメージし、深呼吸するたびに暖かい空気、温かさが肌に伝わってくる様子やイメージを10回以上してください。

 ・次に鼻呼吸を切り替えて同じことを10回以上繰り返してください。

 ・吸うたびに、温かい温泉独特の香りが空気が入ることで手が段々温かく気持ちよくなるイメージをしてください

 ・足、おなか、頭などで同じことをしてみて下さい。

 最初のうちは呼吸に集中できなかったり、呼吸が苦しくなったりしてしまうこともあるかもしれません。

また、繰り返し続けていくと自然に呼吸ができるようになり、あなたは段々と自由になっていきます。

 

慣れないことをするときはみんな慣れません。

 

慣れるタイミングや時間はあなたが決めて良いのです。

 

この方法が合わなかったら、別の方法をやってみれば良いのです。

 

いかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です