瞑想とアダルトチルドレン

瞑想とアダルトチルドレンって聞くと、何が関係あるのか?よくわからないと思います。しかし、瞑想はいかなる心理要因に対しても、有効性が高く、アダルトチルドレンに対しても、症状が出た際に行うことは、効果的です。

今回は、アダルトチルドレンと瞑想について、簡単に説明していきたいと思います。 

 

そもそもアダルトチルドレンってなに?

 アダルトチルドレンは、子供の頃の出来事により、ゆがんだ認知が原因で起こる自己肯定感の低下、自分がない、不安が常につきまとう症状です。長男や長女等に結構強い傾向ですが、全員なるわけではないところも注意すべきところです。

アダルト・チルドレン 癒しのワークブック―本当の自分を取りもどす16の方法

アダルト・チルドレン 癒しのワークブック―本当の自分を取りもどす16の方法

 
アダルト・チルドレンと癒し―本当の自分を取りもどす

アダルト・チルドレンと癒し―本当の自分を取りもどす

 
なぜいつも、あなたの恋愛はうまくいかないのか―アダルト・チルドレンの恋愛と結婚の神話

なぜいつも、あなたの恋愛はうまくいかないのか―アダルト・チルドレンの恋愛と結婚の神話

  • 作者: ジャネット・G.ウォイティツ,Janet G. Woitiz,新沢ひろ子
  • 出版社/メーカー: 学陽書房
  • 発売日: 1999/05
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

 

アダルトチルドレンの特徴 その1:依存症を持っている

  依存症というのは、ストレスの処理が致命的に下手で、通常の生活に影響を与えてしまう症状のことです。依存症はストレスがトリガーになっており、通常よりもストレスが多い人になりやすい傾向にあります。

・人に責められてると感じやすい

・本当のことが言えずに、自分の欲求を押し殺す

・周囲の役に立つように頑張りすぎてしまう

・困っている人を放っておけない。

・ストレス処理が下手だと思う。

・いつもヒステリー寸前になる。

・自分の考えに不安が強い。

・仕事に依存しやすい。

これらの人が依存症になりやすい傾向にあります。ストレスが溜まりやすいし、発散しにくいからです。

セックス、お酒、カフェイン、パチンコ、たばこなどが一般的によくある依存症ですが、「痴漢」「殺人」「窃盗」などもその中に含まれます

 つまり、世の中の囚人のほとんどが「依存症」である可能性が高く、現行の日本の刑罰では、解決できていない可能性が十分高いです。

刑期をもっと増やし、根本的な依存症対策をしない限り、日本は犯罪者を野放しにしていくだけでしょう。 依存症に話を戻しますが、カフェイン依存症の人で言うと、カフェインを飲まないと通常生活をやっていられなくなるのがカフェイン依存症です。

つまり、切れたら通常生活が送れないのが依存症ということです。

 簡単に言ってしまうと、犯罪者ではないにしろ、ストレス処理が尋常になく下手なのが依存症の特徴の一つとしてあげられます。

 アダルトチルドレンも同様に、依存症を持っているのが最大の特徴です。

 

 

アダルトチルドレンの特徴 その2:世話好き

 

 

不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち

不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち

 

 

 

 アダルトチルドレンは、家族を世話しなければいけないという考え方を持っている人が多いです。その理由として、自己の存在=家族の世話に直結していた環境に育っているため、自己の存在を決める重要な要素が家族にいくことが多いのです。

・家族から存在を否定されると、自殺してしまう。

・自己肯定感が低く、家族や両親に評価や判断を依存する。

・親の面倒をよく見ていて、ほとんどの時間をそれに費やした。

・兄弟の面倒をよく見ていて、ほとんどの時間をそれに費やした。

 

 つまり、アダルトチルドレンにとって、親や兄弟、家族は自己を決定する最も重要な要素であり続けるのです。 本来ならば、幼少期や子供の時に優先順位が切り替わるのですが、切り替わっていないことがほとんどです。

 

アダルトチルドレンの特徴 その3:自己犠牲が強い

 

心を込めて生きる 超人的修行を遂げた大阿闍梨の生き方

心を込めて生きる 超人的修行を遂げた大阿闍梨の生き方

 

 

  その2で紹介したように優先順位が自分に行かないのと自分で決めることができないが、アダルトチルドレンの最大の特徴です。

 

ここでいう優先順位とは、行動の決定基準の話です。自分がやりたいことやしたいことを放置して、やらなければいけないことや他者から求められることを優先してやりがちです。

つまり、自分本位の考えではなく、他者本位の考え方なのです。

・自己犠牲が強い。

・自信のなさがついてくる。

 

変な名称が、世間の誤解を与えている

 アダルトチルドレンは、「大人になり切れていない子ども」という意味合いで使われることがほとんどです。 この名称を初めて聞いた人も「エロい新しいジャンル」「何の話?中二病??」「ミスターチルドレンと何が違うのか」よくわからないことがほとんどだと思います。

 

   こんな感じのイメージです。ですが、実際は外見とは何も関係ありません。

 これは「病名」というより、「傾向」といったほうが適切で、一般的なサラリーマン生活を送っている人が多いです。

 

 

アダルトチルドレンの恐怖:ストレスがストレスを呼ぶ

 アダルトチルドレンの厄介なところは、ストレスを呼び続けるところにあります。

普通、人は「風邪」のような症状が出て、初めて「休みが必要だ」と考えるため、病院に行って対症療法ができます。

 アダルトチルドレンは、風邪のように分かりやすい症状が出ないため、「休みが必要だ」と考える機会がありません。悪化しなければそれでいいのですが、悪化すること

 

アダルトチルドレンになる環境①:世間という神が日本人の心を蝕む 

 

「空気」と「世間」 (講談社現代新書)

「空気」と「世間」 (講談社現代新書)

 

 

 そもそも心の悩みや癖を「あ、私こんな悪い癖がある」と気づける人は相当ココロに目をむけている人で、「世間」の中を生きる私たち日本人は、身の回りの人と同調することが常に求められているため、「個人」である自分のことについて、あんまり考える機会がありません。

 対して、「宗教上の神」「個人」と常に対話を試みる海外の人達にとって、「神との対話」は、心の対話と同じくらい重要なことでもあります。

この作業は非常に難しいため、海外では「悩んだらカウンセラーへ」という発想が生まれたものと思われます。

 日本では、「世間」が神に値するため、身の回りの人から「世間一般の常識」に従って生きれば、「自己」や「個性」を体得していなくても、生活することが可能なのです。

 つまり、日本で求められているのは、常に「他者との同質性」「他者との常識に従う」ことだけで「個性の獲得」や「個性の確立」は、強く求められないのです。

その結果、世間と相談して、世間と私が同じであれば、自分はここにいればいいのだと認識するため、「個人との対話」や「神との対話」が求められないのです。

 

アダルトチルドレンになる環境②:世間というガラパゴス思想がもたらしたもの

  

なぜ日本人は世間と寝たがるのか: 空気を読む家族

なぜ日本人は世間と寝たがるのか: 空気を読む家族

 

 

この思想は、非常に危険なものでもあり、「正しい価値観の基準」を周りの人に求めることと同じです。

日本独特のこの考え方を軍は、うまく使うことにより、軍国主義による戦争推進、特攻と呼ばれる命の軽視される行為がなされたのです。

 こういった組織で重要なことを止めるためには、「世間」が誰でも認める人間による発言が重要です。

それは、その当時だと天皇しかいません。

 世間から「神」と認識されていた天皇の介入が必要不可欠、日本も最終的には天皇自身が終結を宣言したことにより、何とか国民総玉砕にならずに済みましたが、この「世間」という考え方は、自分の命ですら、周りの意見次第で変わる危険性を持っているのです。

 

 

アダルトチルドレンになる環境③:世間を認識する過程と発生する問題点

 

 

「世間」とは何か (講談社現代新書)

「世間」とは何か (講談社現代新書)

 

 

現代の日本で何よりも求められているのは、従来の「世間との同調」なんかではなく、「個人の確立」や「個人について考えること」なのです。

 しかし、私たちは「世間」という考え方を容易に捨て去ることができていません。

この世間という考えの元になっているのは、「学校教育」と「家庭教育」です。

現代の日本の学校教育は、世間を教える教育でもあります。

この「世間」との付き合い方を学ぶことこそが、私たちにとって、神と生きることに等しいのです。

 

 

アダルトチルドレンになる環境④:学校教育

 

 

 学校教育ではひたすら、教師の板書や進度に沿うことが求められています。

これは「同質化」を求めることほかなりません。

「統一した組織」や「同一の考え方」を周囲に求めるのならば、このやり方は、問題ありません。

要するに、「軍隊」等を作るには最適な教育なのです。

日本は、「世間」の「義務教育位は受けておかないと」という仕組みを使って、子供たちに「世間一般の常識」という宗教における教義を教わるのです。

 

 

アダルトチルドレンになる環境⑤:家庭教育

 

家庭教育は誰のもの?――家庭教育支援法はなぜ問題か (岩波ブックレット)

家庭教育は誰のもの?――家庭教育支援法はなぜ問題か (岩波ブックレット)

 

 

 家庭教育では、「家族」という考え方「家族」と「他者」や「世間」に対する付き合い方をひたすら学びます。

ここで、重要なのは、私たちが成長する中で、学校教育や家庭教育の中で、個人の対話について、教わる機会がないということです。

族から与えられた「役割」をひたすらこなすことが「家庭での教育」になるのがほとんどです。

 

アダルトチルドレンになる環境⑥:ふたつの教育からもらう「役割」

家庭と学校からもらう役割はそれぞれ違います。

その役割をこなすのが、子供たちの「役割」です。

アダルトチルドレンが、機能不全に陥るのは、その「世間での役割」と「個人」がほぼ同質になっていることにあります。

男だったら、○○ 女だったら○○、長子だったら○○という役割が自分の存在意義そのものになっています。成績優秀な人だったら、間違えないことが自分の存在意義ということです。

 

アダルトチルドレンになる環境⑦:気づきづらい日本の環境

 

問題解決の気づきを得るための「とっかかり」のつかみかた

問題解決の気づきを得るための「とっかかり」のつかみかた

  • 作者: 山田稔
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2018/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 私たちが「世間」に求めているのは、「変化」なのに、「世間」が私たちに求めているのは「同質」です。世間が求めているものと私たちが求めているのは常に相対するものが多いのです。

アダルトチルドレンは、このように、自分が求めているものと他者が求めているものが「相対すること」をそもそも知らないのです。つまり、役割や仕事と葛藤がないのです。

 「世間」と同じことや「世間」に従うことで生きているアダルトチルドレンにとって、「世間」を変えている間に、自分について考える機会があれば、アダルトチルドレンについて気づくことができるのですが、自然に慣れすぎていて、気づけないことが多いのです。

 で気づかないうちに依存症や病気になってしまったという人がほとんどです。この症状は「気づかない」という点が最も怖いのです。

 

 

 

アダルトチルドレンになる環境⑧:個人と社会について振り返る機会がない

 

過去の自分を振り返る人だけが成功する理由

過去の自分を振り返る人だけが成功する理由

 

 

  このように私たちは「個人」について考える機会がないため、大人になっていき、大人になった後も下手すると気づかないまま、社会に振り回されて心が疲れてしまう。

そして、世間から外れる恐怖ばかり教わるため、ひたすら従順を求められるのです。

 そのストレスと恐怖感は尋常なものではなく、そのストレス発散方法は、むしろ病的です。依存症と知ってもピンからキリまであり、薬物や犯罪の方向までいってしまったら、元の道に戻るのに相当な苦労をすることになります。

 

 

アダルトチルドレンが与える社会:無関心の到来

 

 

熱狂なきファシズム: ニッポンの無関心を観察する

熱狂なきファシズム: ニッポンの無関心を観察する

 

 

アダルトチルドレンは、自身が価値を置いているもの以外には無関心です。

・仕事をする際は、人と接することができる。

・仕事以外では、家族以外と誰とも付き合いたくない。

・むしろ家族とも付き合いたくないかもしれない。

 こういった人は、仕事依存症になりがちで、仕事次第で本人のメンタルが変わりやすいです。

  痴漢依存症の場合、痴漢をしないとストレスが発散できないので、痴漢をします。このストレス発散の手順を解消しない限り、痴漢をし続けます。しかも、国や鉄道会社の対策は後手後手です。すべて指定席で座れる環境になるまでは、続くでしょう。

 女性や被害者のことよりも、自分のストレスが生死にかかわるため、生死にかかわる行動をしてまでもストレスを発散しないといけないのです。

 

アダルトチルドレンから解放されるには?

アダルトチルドレンに気づいたときにすること①:カウンセリングに行く

 

心の傷を癒すカウンセリング366日 (講談社+α文庫)

心の傷を癒すカウンセリング366日 (講談社+α文庫)

 

 

大きく2つに分かれます。1.が定番の方法ですが、実際のところ、2.が効果が大きいです。 

1.インナーチャイルドと話をして認知の歪みを解消するパターン

 アダルトチルドレンは、子供の頃の認知の歪みが原因で起きるパターンがあります。その対策として、昔の自分の認知を客観的にしてもらうようにカウンセラーと対話します。

 しかし、これは子供の頃の認知の歪みがあるパターンで、非常につらいカウンセリングに陥りがちです。さらに認知に特にゆがみがない場合、昔のことを思い出させるだけという悲惨な結果に陥ります。

  逆に聞きたいのですが、どうしてこれが定番になっているのかさっぱりわかりません。これをやったところで治る人は本当に限られています。全体総数で考えると良くて30%で。実際は5%くらい。

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

 

 

2.今の自分と対話をする

インナーチャイルドうんぬんよりも、今現在の自分と対話する姿勢が大事です。

生きづらさや自信のなさ、やる気のなさが出たときに

「今、あなたの中で生きづらさややりづらさが行動となって出ているけれど、私に何をしてほしいの?教えて」

と聞いてみます。

これをその都度繰り返すと、あなたのココロの中の症状は改善されます。

逆にこちらのほうが効果でかいですね。90%くらいってところです。

  

アダルトチルドレンに気づいたときにすること②:瞑想をする

 

瞑想は、今の自分の感覚に気づく最も効果的な手法です。

インナーチャイルド癒しでドツボにはまるよりかは、かなり効果的な手法と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です