再現性が高いメゾット

再現性の高さ
瞑想は、再現性が高いメゾットです。

▼瞑想が応用できるまでがポイント
瞑想の真の目的は、体の五感に意識を向けることで、感覚と心が一体にし、心にとどまっていた考えをまっさらにすることです。そのため、講座の間だけ実践することがゴールではありません。基礎としては、五感のいづれかに集中することで瞑想は成立します。視覚の場合、目の解放状態によって、3種類のやり方に分けることができます。

開眼・・・目を開けた状態で、一点を集中して見る方法
半眼・・・目を半分開けた状態で、そこに何かがあるように創造しながら見る方法
閉眼・・・目を閉じた状態で、外部から情報を遮断し、他の感覚に集中する方法

▼瞑想の応用(場面)
 瞑想の最大の魅力は、場所を選ばずに実施できることです。仕事帰りで家に帰ってから寝るまでに以下のようなやり方ができます。
例 日常生活での応用
・電車の中で、電車内にあるつり革などにじっと見続ける。
・椅子に深く座って、目を閉じた状態で、体が椅子に重力をかけているのを味わう
・お風呂に入るときに、お湯の温度を確かめるように皮膚で味わう。
・布団に入ったときに、重力と呼吸を味わうように感じる。

ここまでできるようになって、初めて瞑想の効果が生かされるのです。ちなみに、「瞑想の種類は何種類あるのですか?」という質問を受けるのですが、わかっているだけでも数百種類あるとされています。「意識の矛先」を変えることが瞑想なのですから、種類が多いのは当然ですね