コンセプト(個人)

 

▼ストレスフルな社会を乗り切る
個人の重要性がますます重要になってきています。個人のスキルだけでなく、キャラクターや性格、オリジナリティも求められるようになりました。多様化する個人に対し、よりベストマッチしたサポートを行っていくため、様々なカリキュラムを用意しています。
メンタルが完全に弱っている方には、心理療法中心のメンタルサポートプログラムを、ストレス社会に打ち勝つために必要なストレスマネジメントプログラムを主に提供しています。
また、2つを組み合わせたセミオーダーのメンタルマネジメントを個別に提供しております。

▼心理療法と瞑想を組み合わせた全く新しいカリキュラム
瞑想は、一旦習得することはある程度簡単で、継続することが何より重要です。対して、心理療法は、短期的に効果がある手法です。二つを組み合わせることで短期的に問題解決し、長期的なメンタルマネジメントが実現します。

従来の瞑想の欠点
従来の瞑想は、宗教に属することで、より長期的なメンタルマネジメントを実施していました。しかし、現代社会では、宗教だけでなく、企業に永続的に属することも少なくなってきました。そこで宗教に対し、苦手意識のある方を主に対象としたプログラムを作成するようにしました。

従来の心理療法の欠点
対して、心理療法は、カウンセラーによる個人セッションが必要です。現代を多忙に生きる私たちには、問題が常に降りかかってきます。インナーチャイルド癒しなどの従来手法は、過去を軸としたものとなっており、今の問題には即効的ではありません。また、昨今では、メディアやSNSの発達により、その都度心理療法を受けることで対症療法的に解決する案件が増加してきました。

瞑想も心理療法も宗教起因であることは間違いないのですが、どちらか片方のメゾットだけでは、カバーできない領域があることも事実なのです。そのため、2つを組み合わせることで上記2つの欠点を解消し、宗教に属さなくても、自身のメンタルケアが行えるカリキュラム(個人セッション&スクーリングによるカリキュラム)環境を構築しました。

*当サイトは特定の宗教に帰属しているわけではありません。